2012年07月29日

これが始まりで

h000020.jpg
Olympus OM-1・50mm F1.4 + ILFORD XP2 super 400


終わり。

と表現するのもおこがましい。
本当は始まってさえいなかったのかも知れないと。

たとえ現を抜かしていたとしても、
わたしの中ではまだ続いている。

わたしが恋に落ちてしまったことに変わりはなかった。


posted by 砂野 遠 at 22:22| Comment(0) | snap | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

嘲笑う

d000026.jpg
Olympus OM-1/50mm F1.4 + Kodak BW400CN


最近のあたしは、気が付くと笑っている
世間をすべてバカにしたような、乾いた笑い

あたしが笑っている時は、きっと、耐えられないほど悲しんでいる

悲しい想いをしてはいけないから
誰かに入れ込んではいけないから

あぁ面白い。好きだな。
そう言って、誤魔化して生きてる


posted by 砂野 遠 at 02:03| Comment(0) | snap | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

美しいあなたは

e000015.jpg
Olympus OM-1/Zuiko 50mm F1.4 + efiniti Uxi super 100


見ているのが痛々しい

手を離せば、ひらりと消えてしまいそうで


わたしを抱き締めたのは幻影


posted by 砂野 遠 at 21:18| Comment(0) | scenery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

ぼんやり

g000015.jpg
Olympus OM-1/Zuiko 50mm F1.4 + Fujicolor Superia X-TRA 400


あの頃よりずっと穏やかになったけど、

泣き喚いて怒って不安になって。
よほど人間らしかったと思う。

「幸せなんか求めないから、神様どうか、」
あの頃の祈りが今更届いたというのでしょうか。

まるで無機質。


posted by 砂野 遠 at 01:37| Comment(0) | snap | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

迷う

g000017.jpg
Olympus OM-1/50mm F1.4 + Fujifilm Superia X-tra 400


夜道、雨上がり、少し冷たい風。
そんなものが好きです。

世界がぽつりぽつりとだけ息をしていて、
わたしは一人取り残されてる。
誰もわたしのことを知らない。

時々不安になると「わたしのことを知っている場所に行かなくちゃ」と思ったりするのですが、
わたしにはそんな場所がないことを思い知って、息が苦しくなります。
生きていてはいけないような気がします。

風の冷たい、雨上がりの夜道を走った時、
ここがわたしの居場所なんだって思いました。

誰もわたしのことを知らない世界が。
わたしを戒めるように、静かにわたしだけを見て、わたしだけを包む世界が。


posted by 砂野 遠 at 23:57| Comment(0) | snap | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。